介護事業者必見!様々なサービスに対応している介護ソフト・介護システムの特徴や価格情報をランキングBEST5でご紹介!

経理にも活用!介護ソフト導入で出入金が分かりやすくなる

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/05/19

介護ソフトを導入している事業所は多く、介護保険サービスを行っているところや訪問介護事業所において、業務効率化などを目的に導入されています。経費にも活用することができ、導入することによって出入金などの経理管理をスムーズに行うことが可能です。多くのメーカーからいろいろなソフトがリリースされていて機能も多岐にわたります。

訪問介護事業所向けなどいろいろな種類がある

介護ソフトにはいくつか種類があり、パッケージ型やクラウド型を選択することが可能です。日常業務のためいろいろな機能があり、例えば利用者情報を管理することができたり、ケアプランを作成することができます。

また、アセスメントやモニタリングを管理したり、日々の介護サービスを記録することが可能です。利用者へ請求書を作成したり、導入することによって経理管理をスムーズに行うことができるでしょう。

そして、基幹業務を行う機能として、例えば介護保険請求(国保連伝送)や売上・出入金管理に対応しています。職員の勤務予定を管理したり、職員の給与を管理することが可能です。介護ソフトにはいろいろな機能があり、基本的に日常業務のための機能が搭載されています。

基幹業務を行う場合、オプション機能になるケースが多いです。メーカーによって搭載されている機能がやや異なるので、事前に比較検討することをおすすめします。事業の種類によって区分することができ、それぞれの種類に対応したものを選ぶと便利です。

なお、訪問介護事業所には訪問スケジュール管理を行うことができたり、施設向けには利用者の入居スケジュールなどの管理機能があります。クラウドソフトやASP型の場合、法改正に伴ってアップデートされるので便利です。インターネット請求が必要になる国保連伝送も簡単に行うことができ、経理上の出入金などを適切に管理することができます。

初期費用を抑えることができる

介護ソフトにはインストール型やクラウド型のソフトがあります。

まず、インストール型の場合、CD-ROMやホームページからパソコンにインストールして利用することが可能です。インターネット環境などに関係なく使用できます。

次に、クラウド型は時間や場所などに関係なく、インターネット環境があると利用することが可能です。インターネットを介しパソコンやスマートフォン、タブレットから提供サービスにアクセスすることができます。

インストール型は高額のイメージがありますが、数万円~数百万円など価格に幅があります。長期的に考えると月額換算になるのでランニングコストを抑えることが可能です。インストール型の場合、導入時に一括で支払うソフトが多く月額料金が発生しません。初期費用は大きくなりますが、使用期間が長かったり事業規模が大きくなるとメリットがあります。

大きな事業所においてインストール型を導入するところが多いです。

クラウド型は毎月使用料金がかかりますが、導入費用はほとんどありません。短期間での利用や事業規模が小さいところがおすすめです。経理管理における負担を抑えることができたり、業務効率化を図ることができるので便利です。いくつか比較検討してみたり、自社に合うようアレンジすることができます。

業務効率化を図ることができる

介護サービス事業所はいろいろな業務があり、毎月1日~10日はレセプト業務で多忙になるでしょう。レセプト業務は事業者が利用者にサービスを提供した報酬について、介護給付費を請求する仕事です。

レセプト担当者はいろいろな書類を作成し、国保連に送る作業を行うようになります。事業者はケアマネージャーから提出されたサービス提供票をベースにして、利用者に提供したサービス内容を記録します。

そして、介護給付費明細書は実績を転記し作成し、介護給付費請求書は施設毎に纏めて作成していきます。従来のような手書きの場合、転記するのに注意をはらう作業になりますが、介護ソフトを利用すると入力された実績を介護給付費明細書などに取り込むことが可能です。

また、介護給付費請求書として纏めることができたり、業務効率化が図ることができます。パソコンからデータを送信することができたり、ペーパーレス化に対応することが可能です。他の事業所と情報を共有することができたり、経理管理をスムーズに行うことができます。

つまり、各事業所のケアマネージャーが入力したデータについて、レセプト担当者が国保連に送る作業を簡単にこなすことができるでしょう。介護ソフトを利用すると請求業務はもちろん、利用者のデータやプラン作成、利用実績管理や支援経過などを管理することが可能です。多忙で仕事量の多いスタッフにとって心強い味方になります。

 

介護ソフトを導入することによってレセプト業務などの作業効率をアップすることが可能です。出入金を明確に管理することができたり、スムーズな運営をサポートすることができます。使い始めると業務を楽にすることができ、さまざまな介護ソフトが提供されているので選択することが可能です。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧