介護事業者必見!様々なサービスに対応している介護ソフト・介護システムの特徴や価格情報をランキングBEST5でご紹介!

介護ソフトの見積り依頼で確認しておきたいポイント注意点とは?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/04/21

いろいろな介護ソフトがある中から、自分の業種に合ったソフトを選びたいと思うでしょう。事前にメーカーに見積もりを依頼してから本格的な導入を行うことが多いですが、ソフトを選択するにはいくつか注意点があります。介護事業所に適しており作業時間を削減できるようなソフトを選択することがポイントです。

いろいろなサービスを利用することができる

介護ソフトを検討する際、見積もりする注意点としてポイントがいくつかあります。販売価格が低い介護ソフトを求める事業者は多いですが、重要なことは支払う金額に見合った以上のいろいろなサービスを得られるかです。

もし低価格なソフトを導入したとしても、必要な機能が搭載されていなかったり業務効率を高めるものでないと意味はないでしょう。毎日の業務効率を改善するなど導入する目的を見失わないのが大切です。

ソフトの操作画面が使いやすいデザインになっているかということや、何かしらトラブルがあった時のサポート体制は整っているかも大切なポイントになります。事業所に合ったソフトを導入することが大切で、事前に体験版などを利用すると便利です。

介護ソフトの中には、介護記録やデータを用いた国保連合会の介護報酬請求業務などに対応しているものが多く、いろいろな機能やサービスを保持しています。スタッフの給与計算に対応することができたり、銀行などへの給与振込みを自動的に行うことが可能です。

いろいろなサービスを提供しているメーカーが多く、価格に見合ったもの以上のサービスを受けることができるでしょう。いろいろな機能を利用することができ、レセプトや護報酬請求、スケジュール管理や給与計算などの機能を使用することができます。他のシステムと自動連携することができるものもあるので、入力する手間や時間を削減することが可能です。

サポート体制が整っているところがおすすめ

使いやすい操作画面も大切なポイントで、直感的なものが良いでしょう。例えば画面内において見やすいグラフを用いたり、タイムリーに毎月の売上や利用者数などが確認できるものが便利です。スマートフォンやタブレットを利用して、事業所以外の外出先でも簡単に記録することができたり、操作性や利便性のあるデザインがおすすめです。

いざという時サポート体制が整っているかも重要で、操作方法など何かしらトラブルがあった際サポートを受けることができると良いでしょう。ソフトの多くはサポートセンターが提供されていて、ユーザーからいろいろな質問などに応えられるなどといったいろいろなサービス体制が整っています。

他のソフトから乗り換えるなら、利用者台帳といったデータ移行を無料で対応するところもあるので、事前に料金ついてチェックしておくとお得です。介護保険法の改正や報酬改定などの場合、バージョンアップを無料で利用することができたり、安心してソフトを利用できるサポート体制が整っているメーカーを選択するようにします。

ソフトを導入する場合、クラウド型とパッケージ型があるので、自社に合ったものを選択することをおすすめします。クラウド型はパソコンにソフトをインストールしない方法で、インターネットを経由し介護保険請求や介護記録管理などを行うことが可能です。

パッケージ型の場合、CD-ROMでソフトをインストールし使用することになります。オフラインでデータ管理することができるので、情報漏洩リスクを抑えることができます。

業種に適したものを選択しよう

介護ソフトの選び方として、業種毎に適したものを選択することをおすすめします。例えば居宅介護支援の場合、ケアプランの作成や給付管理機能、国保連合会の伝送請求機能などが搭載されたものがおすすめです。

請求業務全般が網羅されていて、タブレットを使って入力することができると訪問先で効率的に業務が遂行することができます。介護サービスを提供している事業者と提供票などをやり取りすることができ、紙媒体で出力しなくても良いので便利です。

通所介護の場合、業務に必要な帳票作成や管理機能、サービス実績をベースにした国保連合会の伝送請求機能など、介護事業所において必要な作業を一括して対応することができます。介護ソフトのメーカーによっては介護事業者に対してタブレットを無償でレンタルしてくれるところもあり、現場で利用者のバイタルを確認したり記録を保存したり検索することが可能です。

訪問介護の場合、利用者管理や計画書作成、国保連合会の伝送請求や利用者への自己負担分請求などの機能が搭載されているものがあります。スマートフォンのアプリを使って、サービス提供を行う度実績を管理者やサービス提供責任者などが把握することができ、月末における集計業務の時間や手間が省けるシステムです。

 

介護ソフトを導入する場合、価格面だけでなく機能も一緒に確認することをおすすめします。価格に見合った以上のサービスを得ることができるか吟味することが大切です。業務効率が向上するのか、空いた時間をサービスに活用することができるかなど、導入した後のシミュレーションを行うと良いでしょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧