介護事業者必見!様々なサービスに対応している介護ソフト・介護システムの特徴や価格情報をランキングBEST5でご紹介!

介護ソフト導入が利用者や家族の満足度向上につながる理由

公開日:2020/04/01  最終更新日:2020/04/10

介護施設や訪問介護所で業務効率化をサポートしてくれるのが介護ソフトです。2000年に介護保険が施行されてから開発されたソフトですが、施設内の効率化は利用者や家族への満足度とも直結しています。今回はそんな介護ソフトと利用者及び家族の満足度の関係について、ポイントを紹介していきます。

介護ソフトで軽減される業務負担について

介護の仕事とは、利用者とその家族が安心して施設を使う事が出来る様に生活面のサポートをする事にあります。ですが、それは単純にヘルパーとしての仕事だけで完結するわけではありません。それらの仕事の背後には売上管理や国保連請求、利用者請求等の請求業務が存在しますし、ケア記録や職員のシフト管理、施設のベッド管理、申し送り表の円滑な伝達も必須です。

介護は、1人のスタッフが特定の利用者に専属で付いて行うのではなくて、複数の専門家によるチーム構成で行われる事がほとんどになります。つまり、チーム毎の連携やスタッフが交代した場合のクオリティを落とさない為の情報伝達と、チームと施設が現実問題どの程度の許容範囲があるのかを施設側は常に把握していないといけません。

しかも利用者側からの要望の中には、緊急を要する物もありますので、いつも同じ事をすれば良いというわけでも無いです。現場スタッフの立場でも、直に全体の流れがどうなっているのか確認出来る仕組が欲しくなってきます。

この全てを手作業で行っていたら、とても時間が足りませんし、スタッフや管理側の余力もどんどん減少していきます。スタッフへの負担の拡大は、サービスのクオリティ劣化にも繋がり、そのまま利用者へ跳ね返ります

そういった問題のカバー方法として、性能が良い介護ソフトは必須の存在と言えます。保険請求業務や日常業務のサポート用の物等、それぞれの分野に特化したソフトも最近次々にリリースされており、施設が状況にあったソフトを導入する様になれば、確実に利用者へのメリットになる事は間違いありません。

介護ソフトで具体的に出来る事の詳細について

介護ソフトと一口に言ってもその内容は様々であり、代表的な物では居宅介護支援サービス、訪問や通所等の居宅提供サービス、介護施設と高齢者向け住宅サービスを効率良くサポートしてくれるソフト群があげられます。例えば居宅介護支援サービスのサポートの為に介護ソフトを購入したとすれば、中には利用者管理やアセスメント、居宅サービスのサポート機能が入っています。

これに加えて、利用表や提供表の作成と給付と保険請求管理機能等も搭載されている事が少なくありません。利用者とのやり取りを前提としており、状況によって予定が変更になる事も多い訪問介護をやる上で、これらの作業をワンタッチで出来る・出来ないのでは大きい差が出ます。

ただ、便利だから即導入したら良いのかと言えばそういう物でもありません。他のソフトと機能が被っている場合もあったり、互換性の有無で使い易かったり、逆に難しくなってしまう様な事もあるので、導入前にはソフト内容を検証する時間は必ず取った方が無難です。

特に既に施設で使っている機材との相性チェックは最重要で、迂闊な物を選んでしまうとスペック上は問題無かったとしても、エラーが多発してしまう様な事も無くはありません。

他にも、初期導入費が安いからという事で、古いソフトを使ってしまうとメーカーサポートが早く切れてしまう事もありますし、新しいソフトであっても制度変更時等にメーカーが自動でアップデートしてくれるのと、そうでない物があったりもします。ソフトを導入する場合には、そういった問題を慎重に検討しつつ、最適な物を選ぶ様にして下さい。

初めて介護ソフトを導入する場合のチェックポイントについて

連絡や裏方仕事の効率化により、スタッフに余裕が出来ればサービスのクオリティも向上し、利用者やその家族の満足度も上がるのが介護ソフト導入のメリットですが、初めての場合は何処に注目してソフトを選んだら良いのか迷ってしまう事も多いです。

そんな時には、価格と機能性で判断する事をお勧めします。高いソフトだから良いのかと言えば、職場の状況に合っていない事もありますし、逆に安くても機能が一通り揃っていて使いやすい物もあります。他にも機能が少なくとも現状では全く問題が無いという事もあれば、将来の業務拡大を考えると初期投資を多くかけた方が堅実なケースも珍しくありません。

クラウド型にするのか、インストール型にするのかもチェックポイントです。クラウド型はインターネット経由で、ソフトの運営会社が用意した大規模サーバーに情報を置いた上で仕事をしますのでアップデート関係も迅速に出来ます。パソコンが壊れた場合もデーターは別にありますので復旧も容易いですが、デメリットとして情報漏洩の心配が付きまといます。何らかの暗号処理をする等一定以上の対策を講じる必要がありますし、ネットトラブルで使えなくなるリスクも付き纏います。

インストール型の方は、ソフトを買ってパソコンに入れる方式でこっちは情報漏洩の心配はありませんが、アップデートが有料だったり、そもそも無い様なケースもあります。

 

介護ソフトの導入はスタッフの裏方仕事や連絡事項の負担を大きく軽減させます。そこで余力が出来ればサービスのクオリティが向上し、利用者やその家族の満足度も向上します。それぞれのサービス毎に特化したソフトが出ていますので、価格や機能、クラウド型とインストール型等、詳細をチェックした上で使い易くて施設の状況にも適している機種を選択出来れば理想的です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧