介護事業者必見!様々なサービスに対応している介護ソフト・介護システムの特徴や価格情報をランキングBEST5でご紹介!

利用者の個人情報管理は万全か?情報漏洩防止に介護ソフトが最適な理由

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/05/19

介護ソフトを導入している施設が増えていて、クラウド型やインストール型などを選択することができます。個人情報などをきちんと管理することができるので、情報漏洩を防止することができます。利用者のいろいろなデータを管理することができ、使い勝手が良いので便利です。

介護事業所や訪問先でも利用することができる

いろいろな種類の介護ソフトがあり、クラウドタイプやインストール型などがあります。クラウドは雲(cloud)という意味があり、コンピュータサービスと関連付ける際利用者などの情報に関して自分が使っているパソコンやモバイルではなく、インターネットにおいて保存する仕組みです。

データは自宅も、もちろん会社や外出先で利用することができ、パソコンやモバイルを使ってデータをチェックすることができます。

介護事業者が使用しているソフトにはクラウド型のソフトが多く、クラウドサービスを利用したソフトでは介護記録や国保連合会の請求情報といったいろいろなデータをインターネットにおいて保存することが可能です。

介護事業所内はもちろん、訪問先の利用者の自宅でも使用することができるので便利です。介護事業所の支店でも利用することができ、サーバーにおいて介護記録やレセプト業務のできるソフトを設置することで、介護事業者にネットを介しソフトを利用してもらうという仕組みを構築することができます。

利用者の情報は重要なので適切な個人情報の管理を実施していて、情報漏洩を未然に防ぐ取り組みが常に行われているので便利です。毎月リーズナブルな価格で使用することができたり、年間契約などいろいろな形態で利用することができます。バージョンの更新も自動的に対応されていて、法規制などの変更についても随時対応してくれるので便利です。

クラウド型とインストール型がある

介護事業者がソフトの導入を検討する際、2通りの方法が考えられるでしょう。1つはクラウド型でもう1つはインストール型です。クラウド型の特徴として、使用場所などを限定するかどうかが判断基準になり、パソコンやモバイルを限定するのか、インターネットに接続したくさんの端末を使っていろいろな場所において使用するのかという選択になります。

選択するにおいてクラウド型のメリットとして、バージョンアップの際コンパクトディスクといった磁気媒体などを販売したり配布する必要がないので、リーズナブルな価格で利用することが可能です。作業はソフト会社が行うのでユーザーの端末で毎回インストールする必要もなく、バージョンアップ毎に更新することもありません。

データを保存するサーバーメンテナンスに関して、ソフト会社が定期的に行うようになっているのでバックアップといった面倒な作業もないでしょう。個人情報については適切に管理することができるので、情報漏洩などの心配もありません。

インストール型の場合、国民健康保険中央会が販売している介護伝送ソフトなどが必要になるケースがありますが、国保連合会への請求機能があるソフトが多いので、これらの費用も不必要になります。インストール型の場合、介護事業者に応じてカスタマイズすることができ、保管データが自分のパソコンに保管される仕組みです。個人情報が目の前にあるという心理的な安心感を得ることができます。

現場で情報をアクセスすることができる

介護事業所ではクラウド型のソフトを導入しているところが多く、インターネット環境が構築されていて、ノートパソコンやモバイルなど持ち運びができる端末を使用する場合、一層便利なものになるでしょう。

例えば介護記録を入力する場合、モバイルを利用すると食事介助や排せつ介助などのデータを介護の現場において記録することが可能です。介護ソフトによってはタブレットに表示させる項目をアレンジすることができ、リハビリやレクリエーションの内容などを表示することができたり、サービスに応じてカスタマイズすることができます。

信頼できる介護ソフトを選択することによって、ユーザー側のパソコンやモバイルなどのセキュリティ対策を行うことができ、情報漏洩などを未然に防ぐことが可能です。介護事業所の利用者やスタッフの個人情報流出、不正アクセスデータ改ざんなどからいろいろなデータを守ることができ、セキュリティ指針に準拠している不正アクセス対策を行っているソフトを利用することをおすすめします。

24時間監視体制で行っている業者もあり、セキュリティ対策が万全なところが多いです。サーバーにおいて毎日バックアップを取っていたり、データセンターへの読み書きが暗号化されているところもあるので、安全性は高いでしょう。介護ソフトを導入することによって、業務改善に繋げることができたり情報漏洩を防止するにも便利です。

 

いろいろな介護ソフトがあり、クラウド型やインストール型などがあります。介護記録や国保連合会の請求データなどを管理することができたり、現場で入力することができるので便利です。個人情報を適切に管理することができ、情報漏洩を防止することができます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧