介護事業者必見!様々なサービスに対応している介護ソフト・介護システムの特徴や価格情報をランキングBEST5でご紹介!

介護ソフトの導入で近い将来に実現できること

公開日:2020/12/15  最終更新日:2021/01/13


現在介護医療に携わる人の負担は増えている傾向にありますが、一方で介護医療に従事する方の負担をAIソフトウェアの導入により軽減する動きもみられています。ここでは、介護に携わる事業者がAIソフトウェアである介護ソフトを導入することで得られる可能性ついて紹介し、どのようなことがソフトウェアを導入すれば実現可能かも解説します。

将来的はケアプランを自動で作成する可能性があり

介護ソフトウェアの導入により、介護医療を利用する方のケアプランを自動で作成することが実現可能であるといわれています。現段階では、日常業務で使用するデータや介護保険請求などのデータを入力することで、データを提携先や国保連に提出するという機能があるようです。手入力でデータを正確に打ち込めばデータを提携先に提出できるため、現段階の介護ソフトの機能でも充分に介護医療の事務作業の簡略化を図っており機能的だといわれています。

しかし、介護ソフトの将来性を考えた場合、さらなる進化が求められるでしょう。考えられる進化としてはAIが導入され、打ち込まれたデータをもとに介護施設利用者のケアプランを自動作成する機能が実現される可能性もあります。本来ケアプランの作成は、ケアマネジャーが担当する業務です。

しかし、データをもとにソフトウェアが自動で判断して介護のケアプランを作成すれば、業務の効率化を図れるでしょう。現在介護業界では、Wi-Fiなどのインターネット通信網をいかしてデータを共有する動きがみられています。莫大なデータをクラウド処理することで、介護施設に入所している人のデータを読み取り、介護に必要なプランを作ろうという動きがあるため、将来的にケアプランの作成も実現可能であるとみられているのです。

売り上げを自動で管理する機能が強化される

介護ソフトウェアは事務仕事をサポートするソフトウェアであるため、売り上げを管理する機能が付属されていることが多いようです。多くのソフトウェア開発会社では、ソフトの売り上げ管理機能の強化に力を入れており、将来的にはさらに業務が自動化され充実していくとみられています。

この売り上げを自動で管理する機能は、会計処理ソフトなどでは一般的な機能で、打ち込まれたデータをもとに経営状況を判断してくれる機能などもあるようです。介護ソフトにも会計処理ソフトと似た機能が搭載されており、事業のサポートを行ってくれます。

ただし、現段階では未だに売り上げデータやその他数字に関わるデータを打ち込む必要があり、完全に自動で管理する状況であるとはいえません。しかし、バーコードリーダーのような数字を読み取る機器をネットワーク化する技術は、自動で数字データをクラウドサーバーに転送する機能を介護ソフトに利用できるようです。

将来的には数値を手入力しなくても自動でデータを端末からサーバーに転送し、数字データをもとに経営管理を自動で行える機能を実現できる可能性があるとされています。これらの機能については、介護以外の分野、たとえば倉庫管理を必要とするネット通販会社などではすでに導入されていますが、今後介護分野でも導入されるでしょう。

介護ロボットとの連携を行う可能性

現在介護医療の現場では、介護ロボットの導入が試みられています。介護は体力がいる動作も多く、また介護士が足りていないといわれているのが現状です。そのため、ロボットを導入し現場のサポートを行うべく研究が進められています。介護をサポートする役割で作られた産業ロボットですが、今のところ試験的導入段階で完全なものとはいえません。

その理由として、介護ロボットが高額であり導入が進まないという点が挙げられます。また、介護ロボットを必要とする対象者の把握についても課題があるようです。現在では自動的にどのような人物を対象者としてみればよいかの判断ができず、人が介護ロボットの対象者を見極めた上で利用しています。

今後、介護ソフトウェアとネットワークを通じて連携できれば、介護ロボットを使用できる適切な人を自動的に選べるのではないかといわれているようです。つまり、ネットワーク上のクラウドサーバーから介護ロボットの対象者を選び出し、介護業務に従事している人にロボットの利用を促すことができるでしょう。

さらに、自動で介護ロボットの派遣が実現可能となると考えられています。介護ソフトが介護ロボットなどの産業機器と連携し、ロボットの機能を充分にいかすことで、介護ロボットが提携会社から派遣されると、介護施設で働くスタッフの負担を軽減できるでしょう。

 

現段階での介護ソフトウェアの機能は、主に事務処理を簡素化し間違いをなくすことを目的に設計されています。しかし、将来的にはネットワークを通じて介護医療に携わる機関や介護機器と連携することで、介護士として働くスタッフの負担を軽減することも実現する可能性があるのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧