介護事業者必見!様々なサービスに対応している介護ソフト・介護システムの特徴や価格情報をランキングBEST5でご紹介!

【仕事の効率が上がる】介護ソフトを導入すべき理由とは?

公開日:2020/02/15  最終更新日:2020/02/19

介護業務は入居者の世話をはじめ、事業所の管理や職員の管理など様々な仕事があります。加えて介護保険の請求や記録の管理など相当な作業量に上ります。そうした業務を軽減してくれるのが、介護ソフトです。

介護ソフトを導入すれば業務の効率化が図られ、職員の負担を大幅に軽減することが可能です。

介護業務に対応した全ての機能が盛り込まれている

介護ソフトで人気があるものは、仕事現場の声から生まれています。介護業務に対応した全ての機能が盛り込まれています。高品質でありながら低価格で、充実のサポート体制が取られます。介護ソフトは安いものではないのでリーズナブルなソフトが求められます。人気のソフトでは無駄な営業コストを省くことで、安心価格を実現しています。

ただし価格が安いだけで、品質が低ければ意味がありません。高品質で低価格であることが多くの事業所に導入されている理由です。介護ソフトのサポートスタッフは、介護保険業務に精通しています。単にソフトの操作を説明するだけでなく、介護保険制度の解釈まで丁寧にサポートしています。

リモート接続による、遠隔操作のサポートが行えるのも強みです。何よりも介護ソフトは、パソコンが苦手な人でも簡単に操作できます。スケジュール作成から請求データ出力まで、初心者でも直ぐに操作を覚えられます。

ソフトのインターフェイスには、ユーザーの生の声が反映されています。それによりお洒落なデザインとなっており、見た目にも快適に操作できます。

利用者別推移や事業者別推移、自社実績推移などの年間動向が、ボタン一つで分かりやすく表示されます。行政データなどの統計データが簡単に収集できるのも強みの一つです。

人気の介護ソフトは、ネットに依存しないクライアント・サーバー型となっています。それにより、請求時期の繫忙期などでも快適に操作できます。

保健制度の改正にも完全対応している

介護ソフトの人気シリーズは、画面デザインや操作性、導入後の万全なサポートで評価されています。介護福祉ソフトの分野で、業界トップクラスのシェアを誇ります。制度改正にも完全対応しており、リアルタイムな保険請求が可能です。

介護ソフトはユーザーの利便性向上のために、常に他社との差別化を図っているものです。その為には現場の意見を反映することが大事で、製品開発に介護現場の実情をフィードバックするわけです。画面は大きめの文字で見やすく、カラフルなデザインになっており、殆どの操作をマウスで行えます。

サポートセンターには介護事務管理士の資格を持つスタッフが在籍しており、トラブルが発生した時も万全の態勢でバックアップを行っています。今後も、より操作性がやさしいソフトを目指した取り組みがなされているのも魅力です。

介護ソフトはシリーズ化されており、制度改革や事業所サービス、目的に応じて選択できます。人気シリーズのラインナップは50を超えており、幅広い現場のニーズに対応することが可能です。各ユーザーの要望や潜在的な課題に対処できるよう、地域担当のスタッフが詳細なコンサルティングを実施しています。

その上で、最終的な介護ソフトとして世に送り出されているわけです。提供側としては、常にユーザーとフィットすることを心がけています。いわば、ユーザーと共に成長していく福祉支援業務システムだと言えます。

導入後のサポート体制も充実している

介護ソフトがユーザーに選ばれるのは、様々な理由があるからです。業界必須の介護システムになっており、使いやすさも抜群です。サポート体制も充実しているので、パソコンが苦手な人でも安心して利用できます。

導入後のシステム運用もサポートがあるので、制度改正などにも対応しています。人気の介護ソフトはどんな事業規模でも、カバーできるのもメリットです。セキュリティに関しては万全が期されており、国際基準に達するソフトも少なくありません。請求やケアプラン、そして記録など全ての業務においてカバーできるシステムが強みです。介護施設のICT化においては、システムのバランスが重要な要素です。

保険請求に強くても、ケアプランや記録に弱いと効率性が上がりません。現場に寄り添うシステムにすることで、圧倒的に使いやすいソフトに仕上がります。高機能なシステムを導入しても、使いにくければ使用率は低下します。支持される介護ソフトは高性能でありながら、柔軟性と高い操作性を兼ね備えています。

モバイル端末対応でもあり、ユーザーの業務に応じた柔軟性が確保されていると言えます。ユーザーサポートも充実しており、コールセンターではリアルタイムに対応しています。特に請求週には、手厚いサポートが受けられます。土日祝日もユーザーからの問い合わせに対応すべく、サポート体制が強化されます。

 

介護ソフトは、サービス事業所を幅広くカバーします。どのような事業規模でも導入できるのが強みです。事業の立ち上げから拡大まで、ひとつのパッケージでカバーできるソフトもあります。パソコン一台の小規模運用も可能です。事業所が増加しても、同一システムの利用で共有がスムーズになります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧