介護事業者必見!様々なサービスに対応している介護ソフト・介護システムの特徴や価格情報をランキングBEST5でご紹介!

現場のケア記録と介護ソフトで最適なケアプランを提案できる

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/25

高齢化社会に突入した日本では、高齢者を受け入れる実にさまざまな施設などができています。これからもこうした施設は増えていくことでしょう。しかし、そういう施設で実際に利用者にサービスを提供するスタッフの人材不足も大きな問題です。

日々煩雑な業務の最中、最適なケアプランを提案するためにはいったいなにが必要なのでしょうか。

煩雑な業務も正確でスピーディーに遂行できる介護ソフトの導入

高齢者を受け入れる施設にはさまざまなところがあります。例えば、入居施設や養護老人ホーム、そして最近では特に注目されている訪問介護なども増えているのが現状です。

こうした施設で今かなり大きな問題になっているのがケアマネージャーや介護士や、ヘルパーなど、実際に施設利用者にサービスを行うスタッフの不足で、全国にある施設ではどこでも人材を求めているというのが実状となっています。

施設内での業務も多岐に渡り、その業務も煩雑になっているわけです。利用者一人ごとに毎月提出しなければならない請求業務や日々のケア記録などはかなり重大なものであり、また大変な作業になります。

こうした業務はエクセルなどを使って算定されていますが、そこに少しでも落ち度があれば、再びやり直さなければなりません。やり直しにも時間がかかってしまい、ほかの重要な業務に支障を来す恐れも出てきます。

こうしたことで時間を取られてしまい、肝心なケアプランが遂行できなければ施設利用者に適切なサービスを提供することなどできません。この事態だけは避けなければならないでしょう。そこでおすすめしたいのが介護ソフトです。

介護ソフトを導入することによってスタッフの手間と時間を大幅に削ることができます。しかも操作も簡単なことから正確で簡単に、そしてなによりもスピーディーに業務が行うことが可能です。

ソフトウェアの導入でスタッフの業務効率化を実現できる

介護施設を運営するには当然のことですが、施設でサービスを受ける利用者から利用費をもらって運営されるわけですが、介護保険制度の確立で今はその施設利用費が保険から支給されるシステムになっています。こうしたことで施設スタッフの業務はより大変になってしまいました。施設側が適正な報酬を得るためにこの各種請求業務は非常に重要な仕事となっているのです。

各種請求業務というものは正確に行われなければなりません。そのためには施設のサービスを受ける利用者の介護が必要なレベルや、その状態などによって保険が適用できる範囲を正確に管理しなければならないのです。そして、サービスを提供したことを証明する書類なども必要になります。これらを用意することで施設側は報酬を受け取ることができるシステムになっているわけです。

しかし、以上の情報を管理して各請求書を提出するためには、どうしても業務の効率化が必要になってきます。この介護ソフトというものは、各施設が提出しなければならない介護保険報酬請求業務などを効率化するためのソフトウェアです。

また、ケア記録を始め、管理、分析、そしてケアプランの作成などの煩雑な業務をトータルでサポートします。ソフトを導入することで施設のスタッフが抱える業務をより効率化できることはもちろん、サービス品質の向上や施設経営の安定化を実現することも十分に可能です。

介護ソフトを選ぶときの基準とは何か

施設を運営するために必要になる介護ソフトですが、今はかなりたくさんのソフトが市場に出ていますから、いったいどんなものを選べば良いのか迷ってしまう場合もあるでしょう。ソフト選びにはコツがあります。大切なポイントを抑えて選ぶことが必要になるのです。

まず大切なのはコスト面を考えることで、こうした介護ソフトは大きく分けるとパッケージ型とASP型というものがあります。コスト面を考えるとパッケージ型に比べてかなり抑えられるASP型がおすすめです。

しかし、実際には各施設でも使用状況も異なりますので、導入する前には総額や使いやすさなどをしっかりと確認することが大切になります。こうしたソフトは無料でお試しが利用できるものも多いです。導入する前には実際に試してみることも必要でしょう。

それからサポート面でもしっかりしたものを選ぶことが大切です。こうしたソフトを使い慣れている人ならばなにも問題はありませんが、そうでない人もいます。そういうときにはソフトの操作についての質問や、介護保険制度に対しての質問など、スピーディーにサポートが受けられることも条件になるでしょう。電話やメール、場合によっては訪問などのサポートが受けられるものを選ぶことがベストです。

セキュリティ対策も重要になります。これが万全かどうかもソフトの選択基準の重要なポイントです。そこには施設利用者の大切な個人情報が保存されているわけですから、これは確実に守らなければなりません。しっかりとセキュリティ対策がされているソフトを選ぶことは施設側の義務とも言えます。

 

高齢化社会が進むにつれて、高齢者を受け入れる施設も増えています。こうした施設内での業務は多岐に渡り、人材不足の中、その業務に支障を来す恐れも出てきました。そこでおすすめしたいのが介護ソフトの導入です。この導入で各種請求業務などを効率的に行うことができます

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧