介護事業者必見!様々なサービスに対応している介護ソフト・介護システムの特徴や価格情報をランキングBEST5でご紹介!

利用者のスケジュールや状態の管理に介護ソフトを活用しよう

公開日:2020/03/15  最終更新日:2020/03/25

介護施設には、たくさんの人が出入りしますが、出入りする老人が増えるとともに従業員の数も年々増えてきている傾向にあります。昔のように老人がまだ少なければよいですが、頻繁に出入りするためすべての人を管理するのは難しい傾向があるでしょう。

そこで介護ソフトを利用することで利用者を管理することができれば、人が増えても安心です。

まずは従業員の管理からする必要がある

一つの介護施設にいる従業員は規模によっても異なりますが、多い所では100人以上登録されていることがあります。これらの人々は、すべてお金をもらって働いているため管理が適正でなければいけません。給料が少し違うだけでも経営者としては、クレームになる恐れがあることを頭に入れておかなければならないわけです。

また、給料以外の面で気にしておきたいのはスケジュールになるでしょう。時間帯や曜日によって、人気のある時間帯とあまり人がいない時間帯に分かれます。ですが、施設で生活をしている老人の立場からすれば、曜日によって人が多い場合と少ない場合があるのは納得がいかないかもしれません。人が少ない時にトラブルが発生した場合には、管理者の責任になることを頭に入れておきましょう。

そこで、可能な限り均等に配置するために人の管理が重要になります。今までデータで管理していなかったところでも、データで管理することによって間違いを減らすことも可能になります。特に介護ソフトを利用すれば、いつどの時間に何人の人が入っているかなどのスケジュールを明確にすることができるでしょう。

スケジュールが明確になれば、不足している人数が明確にわかる可能性が高いです。利用者にとっても、不安をなくすために不足しているところを明確にし、そこに人をつぎ込むことができるようになり、安心を買うことが可能になります。

なんといっても仕事を短縮できるのが魅力

介護の経営者的な立場の人や管理者の立場からすれば、可能な限り短時間で仕事を終わらせたいと考えるはずです。一番良いのは、AIとロボットを利用することです。この場合、従業員がロボットになるためすべて自動で入力をすることができます。時間に遅刻することもなければ、忌引きなどで欠席したり、体調不良で欠席するようなことはないため非常に便利です。

現在、AIとロボットに関する研究は非常に盛んにおこなわれており、やがて実用化する日も遠くはないでしょう。しかしながら、AIやロボットはまだ完全な実用化には至っていません。一部では実用化されているものの、人間の補助的な役割をするだけで、完全に人間と置き換わるほどのスペックを持っているロボットはまだ登場していないのが現状です。

現状のところ人間を管理せざるをえず、その人間を管理するために膨大な時間を使っているのは事実です。ところが、介護ソフトを利用すればこれらの時間を一気になくすことが可能になります。なぜかといえば、情報が一元化されているからです。

情報が一元化されていれば、情報が分散している時に比べて情報をまとめるのが速くなります。特に現場では、急を要する場合がありますので介護ソフトは非常に魅力的といえるでしょう。

また、自動化されているのも魅力の一つになります。自動化されていることで、今まで手打ちで行っていた給料計算などもすべて自動でやってくれるため大幅な時間の短縮につながるでしょう。

保険の適用に関しても利用できる

管理者の仕事の中で比較的面倒な仕事の一つが、保険に関する仕事です。介護保険請求をする場合なども、数字ばかりになるためとても面倒です。間違えて提出してしまった場合には、やり直しをしなければならず2度手間になってしまう可能性も否定できません。

つまり、面倒な保険の請求に関しては膨大な時間を使わなければならない可能性が高いです。ですが、介護ソフトを導入することで、これらの問題を一気に解決することが可能です。

介護ソフトの種類にもよりますが、保険請求に関する計算を自動化してくれるところもあり、最初に情報さえ入力しておけば後は人間が計算をする必要はなくなります。これを利用することで、従来の仕事を減らすことができるようになり、うまくいけば人件費の節約にもつながるでしょう。

後は、老人の体調管理なども重要になります。入居者の多くは、体に問題を抱えている傾向がありますので、体調管理を慎重に行わなければいけません。実はこれらも介護ソフトを使うことで実現が可能になっています。 それぞれの身体の弱点を把握するだけでなく、妥当な人員配置をすることで今までの問題をクリアし病気の悪化を防ぐことにもつながります。

特に、病院と連携をすることができれば、万が一の時にすぐに飛んで来てくれることも可能です。そして、その万が一の状態を極力減らすためにも介護ソフトを利用するのがよいといえるでしょう。

 

介護ソフトを使うことで、様々な問題を解決することができます。一つは働いている人の人員配置で、これが適正であれば問題が生じる可能性は少なくなるでしょう。もう一つは給料計算や保険の請求などになります。これらを自動化すれば、大幅に時間を作ることが可能になるでしょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧