介護事業者必見!様々なサービスに対応している介護ソフト・介護システムの特徴や価格情報をランキングBEST5でご紹介!

介護ソフト導入に補助金はあるのか?申請方法や流れを事前に確認しておこう

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/03

介護施設などで導入が進んでいる介護ソフト。管理者やスタッフなどの負担を減らすことができ、作業の効率化にも繋がります。導入するためにはある程度まとまった費用が必要だと言われていますが、金銭的なサポートをしてくれる補助金制度もあります。そこで介護ソフトの補助金や申請方法、サポートを受けるまでの流れなど詳しく解説します。

介護ソフトを導入するときの補助金制度とは?

介護施設でIT導入を考えている企業や事業所には、生産性の向上を図るための補助金が支給されるケースがあります。これは国が国際的な経済社会の変化に対応するための制度の一つで、安定した経済を維持するために中小企業などを対象に手助けをしているものです。

対象となる企業の申請を取りまとめることで、複数の機能を含んだサービスを利用することが出来るようになります。国からの手厚い支援を受けることでパフォーマンスの向上にも繋がります。

導入を受けるためにはいくつかの条件があり、日本国内で事業を行っていること、必要な資料を決められた期間内に提出することがあります。さらに中小企業であり、介護ソフトを使うことで生産性がアップすることが証明出来る事業計画書を作成します。補助を受けて3年間の伸び率な1%以上、4年後の伸び率が1.5%、5年後には2%以上を目標とします。

補助金の対象となる介護ソフトは自社のサーバーを利用してソフトをインストールするオンプレミス型か、自社のサーバーを使わない多タイプのクラウドサービス型です。サポートを受けることが出来るソフトウェアの種類は多く、介護記録や人材配置などを管理する業務用の介護ソフトならサポートが受けられる可能性があります。

その他にも様々な条件がありますが、きちんと調べて対応すれば補助金が支給される確率もアップするかもしれません。

交付を受けるまでの流れについて

補助金を受けるためには、まず自分の施設の課題や問題点を分析して、生産性あるに繋がるIT導入支援事業者と介護ソフトの選定をします。導入すればどの程度仕事の効率が上がるのか、目標設定達成する確率などを示す事業計画書を作成します。この段階で使いたいと思っているソフトも考えておく必要があるので、資料を集めてどのようなソフトにするのか決定することが大切です。

交付の申請をして審査を通過したら、補助金の支給が決定します。介護ソフトの注文や契約を済ませておくとスムーズです。ソフトの発注や契約、納品や支払いを終えたことを証明する書類を支援事業所が作成するので、その中身をチェックします。問題がなければ、承認するだけです。

事業実績の報告が終わると補助される金額が確定します。補助を受けることになった期間は、毎年生産性向上に関する情報を報告します。どのくらいの成果を残せたのか、どのくらい効率がアップしたのか書類にまとめるのです。

導入後は必要に応じてセキュリティの強化をするためのソフトウェアをダウンロードしたり、ソフトの使い方をスタッフに指導するためのスケジュールを確保します。部署によって必要な機能が違ったり、使うものが違うのでソフトの設定もきちんと行っておくと安心です。使い始めてから何か分からないことやトラブルが起きたときにはIT導入支援事業者に相談をします。

援助を受けるために必要な具体的な申請方法

申請をする前にはインターネットに繋がるパソコンや使用することが出来るメールアドレス、3期分の決算書を用意します。IT導入補助金の申請方法では支援事業者と申請者が細かくやり取りをして、インターネット経由で申請を行うことが多いので、インターネットに繋がるパソコンが必須です。

そのやり取りをするためにはメールアドレスも必要で、気軽に使うことが出来るアドレスを用意しておきましょう。経営診断を的確に行うためにも、参考になる3期分の決算書も準備します。

必要なものを用意することが出来たら、いよいよ申請です。申請するためには申請マイページを開設する必要があり、各種申請や各種手続きが出来るようにポータルサイトにアクセスします。支援事業者に依頼すると事業者から招待されるので、指定されたページに入るだけです。

ここで事業者名や所在地、業種などの情報を入力します。基本情報の入力が終われば、マイページにログインするためのIDとパスワードを入力する画面に切り替わります。IDとパスワードを設定したら、交付申請情報詳細のページに進んで、申請方法や注意点などに目を通しておきます。

続けて手続きの画面に進むと、申請要件のチェック事項が出てきます。全てのチェック項目にチェックを入れると事業の詳細を入力する画面になります。登録したときの情報に間違いはないか確認して、次のページに行きます。財務に関する情報や経営理念などを入力して、書類の添付をする流れです。

 

申請にはある程度の時間や知識も必要になりますが、その分手厚いサポートが受けられるのが特徴です。じっくり時間を掛けて、確実に審査に通過出来るようにしっかりとした準備をするとがポイントです。そのためにも申請の流れややり方を把握しましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
記事一覧